未来の宇宙を描こう! 小学生絵画コンテスト

作品一覧

特別展の会場にて作品への投票を受け付けます!
投票期間:2012年9月15日(土)~30日(日)

どの作品も力作ですので、ぜひ間近でご覧ください!
会場投票の結果を参考に審査員による最終審査で各賞を決定します。
受賞作品は情報紙シティライフ、及びこちらのHPにて発表いたします。

◯受賞発表: 2012年10月10日(水)
◯授賞式: 2012年10月20日(土)


宇宙でのくらし
かなとくん 大阪市立阪南小学校 3年

地球のまわりにたくさんの小さなえい星のような家ができていたらいいなぁと思って、ぼくは宇宙ハウスをかきました。地球と自由に行き来できる汽車もあります。学校もあるし、きっと宇宙ゴミもふえるので、ゴミしょり場もあればいいなぁと思って、かきました。宇宙でできることが今よりももっとふえて、ぼくたちのせかいがもっともっと広がるといいなぁと思います。

太陽と星
けんたろうくん 
大阪市立南桜塚小学校 4年

月や星座を観察したり、プラネタリウムも作ったけれど、やはりもえている太陽が一番好きです。だから、太陽へ行って、未来のたいねつ服を着て太陽の中へ入って研究をします。ダークフィラメントのエネルギーでネオ地球のエネルギーにします。ぼう遠鏡があればほかの星ものぞいてみたいです。

無題
あおいちゃん 豊中市立桜塚小学校 5年


音楽の宇宙
まいちゃん 
セントミカエル インターナショナルスクール小学校神戸 4年

宇宙には空気がないので、音もありません。だから、しょう来、音がある宇宙になってほしいです。だから、私は音楽であふれている宇宙をかきました。

第2の地球を求めてぼくの探査機が行く
あつきくん 大阪市立三津屋小学校 5年

ぼくは、将来、川口先生のような世界でだれも作ったことのない探査機を作りたいです。ぼくの夢を応えんしてくれているおばあちゃんが生きている内に探査機を飛ばし、新しい生命体がいる第2の地球を見つけたいです。

人類の夢
たかゆきくん 
守山市立立入が小学校 5年

ぼくは、人類が、火星などの天体にいける日が来ると思います。そしてこの絵は、これから天体調査に行くのを想像して作りました。右の宇宙船は、人や食料、水など、左は、着陸船や、調査のための基地があります。生命を発見して人類の長年の夢がかなって、宇宙を身近に感じられる日が来ると思います。

宇宙人をつかまえるため
ゆいちゃん 吹田市立佐井寺小学校 3年

しょう来うちゅうひこうしに、なれますように。

はやぶさ2をむかえに行こう
ゆうたくん 松原市立松原北小学校 4年

未来では、自家用スペースシャトルで自由にうちゅうに行けます。ぼくは自家用シャトルに乗って、帰ってきた「はやぶさ2」をむかえに行きたいです。

無題
しょうたくん 豊中市立東泉丘小学校 3年

はやぶさの映画を観て以来、はやぶさ、宇宙が好きになり、この夏の自由研究もはやぶさについて調べていました。by 母

無題
たいきくん 大阪市立山之内小学校 4年


広大な宇宙
たいようくん 四条畷市立田原小学校 3年

広大な宇宙に行ってみたいから、宇宙をそうぞうして書いた。

輝く宇宙
てんきくん 国立奈良女子大学附属小学校 1年

ぼくがおおきくなったときにとぶ、はやぶさ5がしょうわくせい70にむかっているところです。いおんえんじがたくさんあってはやくちきゅうにかえって

土星でドライブ!
もときくん 高槻市立土室小学校 3年

しょうらいは、宇宙まで車で行けるようになって、土星のわっかを車で走ってみたいと思ったから書きました。

月りょこう
しゅんとくん 小路小学校 2年

スペースシャトルにのって月に行って日ホテルにとまりたいです。月から出ているうちゅうれっしゃにのって太陽をけんぶつに行きたいです。

無題
におくん 大阪市立横堤小学校 3年

ぼくは、この絵をかくとき天体ぼうえんきょうがほしくていっしょうけんめいかきました。ぼくは、このへにうちゅうのれっしゃをかきました。ニビルというまだあるかわからないほしをかいてみました。ぼくのかんがえた緑いっぱいの星や岩だらけの星があります。うちゅうじんもかきました。

宇宙の僕
けんしくん 豊中市立刀根山小学校 3年

ぼくはうちゅうに行って月のかけらをとりたいと思います。月のかけらを持って帰って宝物にしたいです。月のかけらがすななのかかたまりなのか月に行ってたしかめたいです。

無重力パワー
じゅんくん 私立近畿大学附属小学校 2年

ぼくの学校のパソコンの先生は、体重が100キロあるそうです。もし宇宙に行けたら、宇宙は無重力状態で何でも浮くらしいから、先生にも来てもらって、100キロの先生を持ちあげて、力持ち気分を味わいたいです。

宇宙の絵
けいたろうくん 
豊中市立新田南小学校 1年

ぼくもうちゅうひこうしになってみたいなーとおもいながらかきました。うちゅうひこうしってなにをするのかなー。

宇宙の通訳
ひかるちゃん 浦安市立東小学校 2年

いろいろな星の人とお話できるといいな。

みんなの月
かいせいくん 茨木市立茨木小学校 5年

世界の人みんなが宇宙へ行けるようになってこの宇宙を自由に使えるおうになってほしいです。そのためにぼくは「一しゅんワープ」を考えました。すごく高いタワーの屋上に10人乗れる軽い乗り物を用意して宇宙からすごく強い引力を出すきかいに一しゅんでワープする。そういうのり物を考えました。

めいおう星をパトロール
いおりくん 西宮市立甲陽園小学校 2年

ぼくは宇宙が大好きです。この絵は、ぼくがめいおう星の周りをパトロールしています。めいおう星の地面の下に家をつくり、めいおう星学校ではロケットの設計をしています。オレンジ色の宇宙人はストローで氷を食べています。ぼくは将来、ロケットの設計士になりたいです。

無題
ひろたかくん 大阪市立鷹合小学校 3年

未来の窓から見る風景
たかまさくん 
吹田市千里新田小学校 4年

ぼくの夢を、未来に通じる窓に映ったものを書きました。そこでは、氷でおおわれた土地で、氷の下から来た、異星人とも会っています。そして、自分はそこを調査している宇宙飛行士として書きました。ぼくが大人になるころにはこうなってほしいです。


特別展の会場にて作品への投票を受け付けます!
投票期間:2012年9月15日(土)~30日(日)



▲このページの先頭へ戻る

■主催 : 一般社団法人関西環境開発センター ■共催 : 株式会社シティライフNEW ■助成 : 独立行政法人日本万国博覧会記念機構
■後援 : 独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA) / 大阪府 / 吹田市 / 大阪府教育委員会 / 関西テレビ放送株式会社
■企画制作:株式会社エムズプランニングオフィス/株式会社クオラス ■CG制作:スペースアートクリエイター 池下章裕 
■協力 :(五十音順)アストロデザイン株式会社 / 伊那市創造館 / NPOたけとよ / 株式会社ビクセン / ヒストリーチャンネル™ /
  株式会社海洋堂 / 和歌山大学